三方よしの長期優良住宅による戸建賃貸経営

三方よしの長期優良住宅による戸建賃貸経営

  
少子高齢化に伴う人口減少により、老朽化したアパートやマンションでは空室率の増加や家賃の引下げが顕著となり、賃貸経営が成り立たない状況が目立ってきています。これからの賃貸建物には入居者に選び続けられる競争力が必要とされているのです。
国土交通省による統計及びアンケートによると、望ましい住宅形態に対して「80%近くが一戸建てを希望」しているにもかかわらず、「新築での賃貸用一戸建てタイプはわずか1.4%」しか建設されていません。この需要と供給の大きな差が入所者募集において強い競争力をもたらすのです。また快適な居住空間とする事で平均入居期間が長くなり(14年以上の入居率が共同住宅の3.7倍)、入居者の入替時に発生するリニューアルコストの累計やクリーニング期間の家賃収入の減少を抑える結果となり、利益率を向上させます。

そして長期優良住宅仕様によって高められた耐震強度や耐久性、断熱性、設備更新の容易さ等により、オーナー様及び、入居者様に安心を提供し、また設計図書や施工記録、改修記録等の保存によって資産価値をさらに高め、オーナー様に長期間にわたる安定経営をもたらします。


  
一人っ子同士が結婚していずれはお互いの両親の実家を引き継ぐ、転勤のある企業に勤めている、車離れもあり利便性の高い場所に 住みたい、不況の為に勤め先の先行きがわからない、等の理由によって賃貸派が増加していると考えられます。
特にファミリー層は「音を気にせずにのびのびと子育てがしたい」
「庭でガーデニングを楽しみ季節を感じる暮らしがしたい」
「ペットを飼いたい」「家の前に2台以上のガレージが欲しい」
等の希望をもっておられます。その希望に応えられるのが戸建賃貸住宅なのです。

そして最高等級の省エネルギー性能によって光熱費が削減され、オープンで開放的な間取りが可能となります。
家族のコミュニケーションが高まるリビング階段や気持ちの良い風が通る快適な住空間は、大きな付加価値となって入居者様に満足をもたらします。
  
[雑草の伸びた空地へのゴミの不法投棄] [廃屋] [空室だらけのアパート]
[集合住宅入居者の共益部分や地域に対するマナー意識の低さ]等はまちなみを悪化させ、防犯面でも 地域住民に不安をあたえています。また有効活用のなされていない土地は管理の手間と税金のかかるマイナスの資産とも言えます。

長期優良住宅仕様による戸建賃貸住宅では様々な税制メリットがあるだけではなく、マンションやアパートに比べて敷地内美化に対する入居者の意識も高く、きちんと資金計画された定期的なメンテナンスによって美しい外観を維持することが可能となり、地域住民の不安を解消し、良好なまちなみ形成に寄与します。