戸建賃貸住宅経営の安心とメリット

戸建賃貸住宅経営の安心とメリット

  
住環境の充実等から戸建住宅に住みたい人が増加しています。ただし、賃貸では新築において供給出来る物件はまだまだ少ないのが現状です。入居者さんのニーズに合わせた戸建賃貸を提供出来れば、空室リスクを心配することも無く、継続収入をえることが出来るでしょう。アパート・マンションはマンネリ化して供給過多となり、空室リスクは高いといえます。 戸建賃貸の供給が少ない今だからこそ始めるビジネスです。
  
■初期投資が少ない
戸建賃貸経営は40坪有れば2棟建築可能、企画化した木造住宅であれば投資金額は低くおさえられます。
一方アパート・マンション経営は規模も大きくなり、又鉄骨造であれば資材の値上がりもありコストが掛かります。

■狭小地でも建築可能
その土地の形状にあった住宅が建てれらます。デッドスペースを極力少なく有効活用する事や空間を演出する事も可能です。
一方アパート・マンションでは20坪30坪の小さい土地ではあまり開発の望みはありません。変形した土地であれば開発不可能なケースがほとんどです

  
木造で長寿命の家であれば戸建賃貸のニーズは高く一度入居されると長期間借りられるので、空室リスクが極めて低く、年数が経過しても家賃を下げる必要はありませんので利回り10%以上の安定した家賃収入をもたらします。
利益シミュレーションの一例を見てみましょう。

  
戸建賃貸住宅を長期優良住宅仕様にすることで高められた耐震強度や耐久性、断熱性、設備更新の容易さ等により、オーナー様入居者様の安心を提供し、また設計図書や施工記録、改修記録等の保存によって資産価値をさらに高め、オーナー様に長期間にわたる安定経営をもたらします。
さらに、長期優良住宅仕様による戸建賃貸住宅では様々な税制メリットがあるだけではなく、マンションやアパートに比べて敷地内美化に対する入居者の意識も高く、きちんと資金計画された定期的なメンテナンスによって美しい外観を維持することが可能となり、地域住民の不安を解消し、良好なまちなみ形成にも寄与します。
  
駐車場経営や更地にしておくよりも、固定資産税は1/6、都市計画税は1/3に税制上軽減され節税効果が高くなります。
右図のように将来1棟は賃貸、もう1棟は息子さん夫婦の住居としても使用できますし、1個ずつ独立してますので均等に分けることが可能で相続も争続になりません。


  
総務省の調査によると、世帯主が60歳以上の無職世帯の標準的な生活費は21万円、生命保険文化センターの調査(平成19年度)によると、ゆとりある老後生活のための希望月額は38.3万円という結果が出ています。対して現状の公的年金の平均受給額は夫婦で合計23万円。皆様がゆとりのある老後を迎える為に始めるローリスク・ハイリターンビジネス。消費者のニーズにあった提案で低いリスクで高い利益が得られる投資こそが、戸建賃貸住宅なのです。